専業主婦のカードローンの審査ポイント

MENU

利用限度額を増やせるの?

専業主婦が利用する銀行カードローンには、あらかじめキャッシング枠の限度額が定められていますが増枠は可能なのでしょうか?
答えはYESです。
増額を申請すると金利が下がり、その分の返済金額が減るメリットもあります。

 

銀行の専業主婦向けカードローンは、手軽に借りられ安心感が大きいことがメリットですが、強いて難点を言えば融資の限度額が低いことが気になります。
ただ限度額が限られていれば借りすぎる心配もなく、返済額が膨らんで借金に追われるような状況にはなりにくいので安心です。
それでももう少し多くお金を借りたいという人は、増枠という仕組があるのでチェックしてみてはいかがでしょうか。
これは利用者が借入と返済を確実に繰り返し利用実績をつくることで信用が生まれ、良い顧客との評価を得て限度額をアップしてもらうという流れです。
利用状況を見てしかるべきタイミングで増枠案内が送られてきたらチャンスです。
またネット上で増枠希望の手続きをするか、電話等で自ら交渉してみることも可能です。
このように新規契約では大した金額が借りられなくても、後日限度額が変更される可能性もあるので、日頃からコツコツと延滞などないよう返済することが大切です。

 

でも、クレジットカードのように利用枠が自動的に増額するわけではありません。
増額を希望する時は、自分で手続きをして審査を受けなければなりません。

 

増額の申し込みはインターネットか銀行窓口、電話にて行います。
事前に増額可能なローンなのかチェックしましょう。

 

増額審査の際に大切なポイントは、利用者の毎月の返済状況です。
きちんと返済期日を守って入金しているか、延滞トラブルのない信用のある人かどうかを評価します。
また他社や消費者金融など複数で借入をしているとしたら、利用状況などの情報は銀行側にも当然伝わります。
こうした場合、増額できる可能性は難しいでしょう。

 

さらに年収に対する借入額の割合も確認されます。総量規制とは関係ありませんが、年収の3分の1以上の借入残高がある状態だと、増額の審査はまず通らないので注意が必要です。

 

実は、申込みを自分からしなくても、増額を出来る方法もあります。
契約からある程度の期間が経過すると、限度額増額の案内が銀行から顧客あてに郵送やメールで届きます。

 

これは信用度がアップした証であり、こうしたケースでは審査があったとしてもほぼ確実に条件を満たしているので、了承さえすれば増額することができます。
また、収入が上がって返済能力が示せる場合は増額を申請する良いタイミングと言えるでしょう。